BlaCykel TOP結婚指輪を買う理由これで納得の選び方ここで選ぶべき理由

婚約指輪TOP > 婚約指輪の疑問100 > 婚約指輪は誰が買うのですか?

婚約指輪は誰が買うのですか?

婚約指輪は、かつて男性が結納の際に納めるものでしたし、現在ではプロポーズの際に贈られることが増えています。
従って、婚約指輪を購入するのは男性に限られれており、費用を折半するというのも聞いたことがありません。
婚約指輪の購入を考えるならば、自分で払うと根性を決めてください。
もちろん、購入しないという選択肢も十分に考えられますから。
また、『婚約指輪の相場は給料の3か月分』なんて話しを聞くと、大変なことだと身構えてしまいますが実際の相場はもっと低いですし、無理をする必要はまったくありません。
購入するとしても、自分の出来る範囲の予算で検討されることをおすすめします。

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓

こんなこと誰も教えてくれない!
30万人の訪問者を数える人気ブログ『ゼクシィも教えてくれないひみつ』
エッセンスを10日間でお届けします

こんなこと誰も教えてくれない!
30万人の訪問者を数える人気ブログ
『ゼクシィも教えてくれないひみつ』

エッセンスを10日間でお届けします


戻る矢印 婚約指輪の疑問100 トップへ戻る

次の質問を見る

TOP PAGE
ブラシュケル 点線

リーズナブルなダイヤモンド6つのベーシックデザイン

イメージとデザインを自宅で確認する


| 婚約指輪ブラシュケルTOPへ |


確かな品質と豪華さをリーズナブルに



北欧スタイルの結婚指輪Instagram



特定商取引法
MARRIAGED MARRIAGE BlaCykel HYGGE